電卓

コンサルタントの費用

医師の手取り額を増やすには節税が重要です。税金に関しては税理士が専門ですが、節税に関してはコンサルタントもおすすめです。不動産投資や会社設立が効果的ですが、費用も手間もかかるため信頼できるコンサルタントに依頼するべきです。費用はかなりピンキリです。

Menu

女性

特定支出控除で対策実行

高収入であればそれだけ税率もあがっていくので、所得があがるほどにしなければならないのが節税対策です。専門職である医師という職業は、医学書の購入や学会の参加費用を支払ったりと仕事のためにお金を使う機会が多くあります。これを必要な書類を揃えて、確定申告すれば節税できるのです。

男女

勤務医に必要な税金対策

病院に勤務している医師の場合、サラリーマンと同じ給与所得控除後が受けられます。その他にも特定支出控除というのがあり、これを利用すると節税効果があります。例えば掛け持ちで働いている場合、移動の交通費などが該当します。病院の業務命令で引っ越す時も引っ越し費用などは含まれます。

法人化をする

医師

法人化のメリット

医師は病院に勤めている勤務医と開業をしている開業医の2つに分かれます。勤務は一般的なサラリーマンと同じく給与所得になりますが、開業医はコンサルティング会社等に依頼をして経営指導を受けます。開業医がコンサルティング会社に依頼をする大きな目的の1つが節税です。医師としての事業がうまくいくと収入、つまり所得が大きな金額になりますので節税対策は必須です。病院の設備投資等が節税方法としては上げられますが、最も実践的な方法は法人化です。医療法人化する事で個人で開業していた時と比べて格段に節税効果を生むことが出来ます。医療法人は一般的な事業会社よりも税金が優遇されています。実効税率で見てみても一般法人は33.8%ですが、医療法人は27.4%と格段に低く、医師が開業して法人成するメリットはここにあります。このような指導を行うのがコンサルティング会社で開業支援から法人化へのサポートを行いますが、もう1つ手ごろな節税方法としては保険の活用があります。法人化する前に開業した時点でその医師に万が一の事があった場合の設備投資への返済や開業にかかわる融資への返済等があり、保険に加入をするケースが一般的ですが、法人化して保険に加入する事で損金処理、いわゆる経費処理が可能となります。この経費処理をする事で利益を大きく圧縮し、節税効果につながります。医師の為の退職金づくりにも保険は効果的ですが、このような提案もコンサルティング会社は総合的な観点から行います。

ドクター

税金を減らす方法

日本では医師は多額の税金を支払う必要があるので、節税対策は大切です。医師は開業すると事業に必要な費用を経費の扱いにできます。また、不動産投資も良い方法で、損益計算で所得を減らして節税につなげられます。

電卓

頼れるパートナーを探そう

医師は年収の高い職業となっているので、節税対策による効果は絶大です。節税対策に関する知識がない方は専門のコンサルティング会社に依頼を行いアドバイスを受けるのが賢明です。なお、その際には医師の節税対策の経験の有無は必ずチェックしましょう。