Menu

コンサルタントの費用

電卓

費用はピンキリ

医師は高額な報酬をもらっていると思われていますが、実はかなりの金額を税金としてとられています。そのため一見すると高額な年収に見えても、実際の手取り額は働きの割に少ないということにもなりがちです。特に経費の計上がしにくい勤務医では労働時間に対する手取り額の少なさが悩みの種となることも多いです。もともと忙しい医師が手取りを増やすためにそれ以上働くというのはなかなかできることではありません。それよりも有効なのは節税を考えることです。税金のことならば税理士が専門ですが、節税の場合は必ずしも税理士が最適とはいえません。なぜかというと節税をメインに行う税理士は少なく、医師を顧問としたことのある税理士はさらに少ないためです。医師が節税を本格的に考える場合はコンサルタントに依頼するのも手です。医師専門のコンサルタントも複数存在し、様々な観点からアドバイスを行っています。まずは保険の見直しなど基本的なことをチェックするのが先ですが、さらに大幅に節税をしようと思ったら不動産を運営するか法人を設立するかするのが最適です。ただこれらの事業には少なからぬ手間がかかるので、そういった手間を一任できる信頼できるコンサルタントに依頼するのが大切です。コンサルティング費用はかなりピンキリです。成功報酬型か、月額費用型か、時給性かによっても費用は変わります。安くて月額10万円、高くて100万円ほどかかると見ておくべきでしょう。これらの金額は一概に高いか安いかはいえません。費用対効果やスタッフ人件費と比べてどうかという視点がいるためです。