Menu

税金を減らす方法

ドクター

不動産投資を行う

医師は収入が多い職業なので、税金対策も重要です。日本の税金の種類として所得税があり、累進課税制度が採用されています。所得税率を7段階に分けて、所得が大きいほど税率が高くなる仕組みです。収入が4000万円以上になると、税率は45%になるために十分な節税対策を行うことがおすすめです。医師は開業が可能なジャンルの職業で、仕事をこなすほど収入をアップできる点がメリットです。開業すると事業に必要な費用は経費として計上できます。開業医の場合には、経費として計上できるものを税理士と相談することで節税が可能です。忙しい医師にとって行いやすい節税方法として、不動産投資の事業を行う対策があります。マンションやアパートを購入すれば、給与所得との損益計算で所得を減らせますので節税につながります。不動産経営によって得た所得は、不動産取得税や保険料、固定資産税、修繕のための経費、登記の費用などを控除できる特徴があります。本業が医師である以上は、自由な時間が少ないと言えますので、不動産投資をして節税を行う際には、管理会社に委託して事業を任せることになります。不動産の管理会社では、入居者からのクレームやトラブルの対応、家賃の集金などの業務を任せることが可能なので、多忙な医師でも行えます。管理会社との話し合いをするための交通費など、不動産投資に関係している費用は経費に含まれます。不動産投資を行うと賃料による収入がある他、購入した不動産そのものが資産になる点もおすすめの節税対策と言えます。